キラウエアの山頂での噴火活動が一時停止

USGS

米国地質調査所(U.S. Geological Survey, USGS)はキラウエア火山の山頂の噴火は一時停止していると発表した。

当局によると、キラウエア火山は2021年9月29日に噴火が始まって以来、290億ガロン以上の溶岩が山頂のハレマウマウ・クレーターに噴出し、クレータ内が約469フィート上昇した。

ハワイ火山観測所(Hawaiian Volcano Observatory)の科学者は、「過去24時間、溶岩湖は完全に覆われたままであり、白熱現象は見られなかった」としている。

先日始まったマウナロアの噴火も衰えつつあるように見えるが、USGSは、キラウエアの一時停止とマウナロアの減速の間に何らかの関連があるかどうかは完全には明らかではないとしている。

28 billion gallons of lava later, Kilauea eruption at summit crater is on pause
Scientists said all recent eruptive activity in the Halemaumau crater has ceased.
ハワイ島住民にマウナロア噴火の可能性を警告
当局者は、世界最大の活火山であるハワイ島のマウナロア(Mauna Loa)が噴火する可能性の兆候がことをハワイ島の住民に警告した。 ハワイ火山観測所(Hawaiian Volcano Observatory)によると、マウナロ...
キラウエア火山が噴火
USGSハワイ火山観測所(USGS Hawaiian Volcano Observatory)は、ハワイ島キラウエア火山の新たな噴火活動が確認されたことを発表した。 噴火は、2021年9月29日午後3時20分頃、キラウエア山の...
タイトルとURLをコピーしました