キラウエア火山が噴火

USGS Hawaiian Volcano Observatory

USGSハワイ火山観測所(USGS Hawaiian Volcano Observatory)は、ハワイ島キラウエア火山の新たな噴火活動が確認されたことを発表した。

噴火は、2021年9月29日午後3時20分頃、キラウエア山のハレマウマウ火口内で始まったとのこと。溶岩活動は今のところ、クレーター内に限定されていて、2018年の噴火のように近隣の建物や住民への脅威はないとのこと。

USGS Hawaiian Volcano Observatory

山頂ではガス放出と地震活動はが活発で。 専用の安全装備を備えたHVOのフィールドクルーは、NPSの許可を得て、ハワイ火山国立公園の閉鎖区域内からの噴火を監視している。

Recent Eruption
The USGS Hawaiian Volcano Observatory KWcam at Kīlauea's summit has captured the onset of a new eruption within Halemaʻumaʻu crater on September 29, 2021. At ap...
キラウエア火山の警戒レベルを引き上げ
アメリカ地質調査所(United States Geological Survey - USGS)は、キラウエアで群発地震を一晩中検出したことで、当局が火山の警戒レベルを黄色からオレンジ色に上げたとのこと。 USGSによると、...
キラウエア火山の噴火が残したもの
リンク先記事の抜粋です。 ハワイ島で昨年5月から約3ヵ月続いたキラウエア火山の噴火は、ローワープナを横断しおよそ10億立方ヤードの溶融岩を押しのけ、カポポの海へ侵入し、約250エーカーの溶岩デルタが湾を埋めました。 この...
タイトルとURLをコピーしました