米国の23種の絶滅種が発表。うち9種がハワイ原産

米国政府が今週に絶滅したと宣言した生物23種のうち、9種はハワイ原産だったとのこと。ハワイの生物多様性のために、他の州や米国の領土に比べ、絶滅が危惧される生物が多いと思われる。

今回の発表のなかで、ハワイの生物は8種は森に生息した鳥で1種は植物。最も最近絶滅したのは、1973年に最後発見されたミツスイ種のカオグロハワイミツスイ(Po’ouli Hawaiian Honeycreeper)だったとのこと。

その他は、

  • カウアイユミハエ(Kauai akialoa)[鳥], 1969年に最後に確認された目撃情報
  • カウアイヌクプウ(Kauai nukupuu)[鳥], 1899年に最後に確認された目撃情報
  • キモモミツスイ(Kauai oo)[鳥], 1987年に最後に確認された目撃情報
  • カウアイ大ツグミ(Large Kauai thrush), 1987年に最後に確認された目撃情報
  • マウイアケパ(Maui akepa)[鳥], 1988年に最後に確認された目撃情報
  • マウイヌクプウ(Maui nukupuu)[鳥], 1996年に最後に確認された目撃情報
  • モロカイキバシ(Molokai creeper)[鳥], 1963年に最後に確認された目撃情報
  • Phyllostegia glabra var. lanaiensis [植物], 1914年に最後に確認された目撃情報

一方で、1975年以来、ハクトウワシ(bald eagle)カッショクペリカン(brown pelican)、多くのザトウクジラ(humpback whales)など、54種が回復後、絶滅危惧種のリストから外れているらしい。

干ばつ、洪水、山火事、気温の変動などの気候変動が絶滅危惧種の回復を困難にし、直面している脅威を悪化させているとしている。

(*日本語名は正しくないかも)

US declares 23 species extinct, including 9 in Hawaii
The most recent to go extinct was the poouli, a honeycreeper discovered in 1973.
U.S. Fish and Wildlife Service Proposes Delisting 23 Species from Endangered Species Act Due to Extinction
USFWS News Releases. Agency manages National wildlife refuges, protects endangered species, manages migratory birds, restores nationally significant fisheries a...
タイトルとURLをコピーしました