第50回ホノルルマラソンは日本から6,000名が参加

50周年を迎えたホノルルマラソンが12月11日に開催され、約27,000名のランナーが参加し、日本からは約6,000名が参加したことがわかった。日本からの参加は昨年が566名、2019年は約16,000名だった。

優勝は、エチオピアのアセファ・メングスト(Asefa Mengstu)選手が2時間14分41秒。女子部門では、同じくエチオピアのアサイエチェ・ベレ(Asayech Ayalew Bere)選手が2時間30分58秒で優勝した。

Honolulu Marathon marks 50 years as 27,000 runners hit the pavement
Ethiopia’s Asefa Mengstu took home the first overall finish for the men.
ホノルルマラソン2021が開催された
2021年12月12日(日)、ホノルルマラソンが開催された。 昨年は、コロナウイルスの影響で中止となったが、今年はグループスタートなど一定の規制はあったものの、参観人数の制限はなく開催することができた。 参加者は...
「ホノルルマラソン2020」12月開催を断念
ホノルルマラソン協会は、本年12月13日の「JALホノルルマラソン2020」の開催を断念することを正式に発表した。 同協会は、開催に向けて新型コロナウィルスへの対応策を含めて準備を進めてきたが、現状でホノルルマラソンの大会運営...
タイトルとURLをコピーしました