サンデービーチなどのライフガードタワーを閉鎖

Star Advertiser

2019年の法的義務の一環として、ホノルル市と郡では夜明けから夕暮れまでのライフガードをビーチに配置することになったが、ライフガードの人員不足のため、9月19日はサンディビーチとワイマナロビーチパークのタワーが閉鎖になり、ビーチにはライフガードが配置されないことになったとのこと。

監視時間が長くなったことで、ライフガードのやりくりに苦労しているようだ。

ホノルルオーシャンセーフティ(Honolulu Ocean Safety)では、ライフガードのいないビーチを避け、ライフガードがいるビーチを訪れることを推奨している。ビーチでは、タワーに毎日午前9時から午後5時30分までライフガードが配置されている。

最新情報は、アプリをダウンロードして確認できる。

Honolulu Ocean Safety says no lifeguards today in towers at Sandy Beach and Waimanalo Beach Park
Honolulu Emergency Services said today that Honolulu Ocean Safety is unable to staff lifeguard towers at Sandy Beach Park (4B) and Waimanalo Beach Park (6A), fo...
HNL Info
タイトルとURLをコピーしました