ダイヤモンドヘッド頂上建造物が取り壊し

ダイヤモンドヘッドの山頂にあるレアヒ・ファイヤー・コントロール・ステーション(Lēʻahi Fire Control Station)の上に建てられた2つの構造物が取り壊されることになったとのこと。

この2つのコンクリートと鉄筋でできた構造物は、第二次世界大戦から1950年代初頭の間に建設されたものであると考えられる。構造物を修理・再建して保存する場合と、取り壊す場合のコストを比較し、再建には莫大な費用がかかることが分かり、今回の取り壊しになったらしい。

このためダイヤモンドヘッドは10月28日(木)と29日(金)、11月1日(月)~5日(金)の閉鎖が予定され、期間中の一般の立ち入りが制限される。

解体作業中は、山頂にある他の5つの歴史的建造物を保護するための措置も取られる。

Diamond Head State Monument to close on these days during demolition project
Diamond Head State Monument will be closed for several days as work begins to demolish structures that were built atop the Lēʻahi Fire Control Station at the su...
Diamond Head State Monument
Visit Hawaii's Iconic National Landmark
ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)[オアフ島]【+Hawaii(プラスハワイ)】
ハワイ、オアフ島のシンボル。頂上からのホ...

 

タイトルとURLをコピーしました