JALとANAが燃油サーチャージを引き上げ

日本航空(JAL)は18日、日本発の旅客を対象にした燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を10月と11月の発券分について引き上げること発表した。

また全日本空輸(ANA)も19日、日本発着の旅客を対象にした燃油サーチャージを10月と11月の発券分について引き上げること発表した。

燃油サーチャージは2カ月ごとに改定し、10~11月発券分は航空機燃料に使うケロシン価格(シンガポール市場)の6~7月の平均値をもとに決める。

今回の引き上げによりJAL、ANAともに、ハワイ路線については現行の片道4,400円から6,600円への引き上げとなる。

Access Denied
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/
タイトルとURLをコピーしました