JALとANAが燃油サーチャージを引き上げ

日本航空(JAL)は18日、日本発の旅客を対象にした燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を10月と11月の発券分について引き上げること発表した。

また全日本空輸(ANA)も19日、日本発着の旅客を対象にした燃油サーチャージを10月と11月の発券分について引き上げること発表した。

燃油サーチャージは2カ月ごとに改定し、10~11月発券分は航空機燃料に使うケロシン価格(シンガポール市場)の6~7月の平均値をもとに決める。

今回の引き上げによりJAL、ANAともに、ハワイ路線については現行の片道4,400円から6,600円への引き上げとなる。

国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請(2021年10月~11月発券分)|プレスリリース|JAL企業サイト
JALのプレスリリースのページです。JALグループの企業情報、安全・品質、サステナビリティ、IR情報、学ぶ・楽しむ、採用情報などをご紹介します。
燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について | ご予約/旅の計画 | 航空券予約・空席照会 | ANA
【ANA公式サイト】燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について。旅の計画・準備はANAのホームページで。航空券の予約・購入はこちらから。
タイトルとURLをコピーしました