JALが成田・羽田で顔認証の搭乗手続きを導入。7月19日から

スムーズかつ接触機会を少なくする安全・安心な旅

日本航空(JAL)が2021年7月19日(月)から、成田・羽田空港発の国際線で顔認証技術を活用した搭乗手続き「Face Exprеss」の本運用を開始、スムーズかつ接触機会を少なくする安全・安心な旅をサポートする。

JALは、2021年4月より成田国際空港(NAA)と東京国際空港ターミナル(TIAT)による顔認証技術を活用した新しい搭乗手続き 「Face Express」の実験実証に参画していたが、2021年7月19日から本運用へと移行する。

Face Expressの概要

自動チェックイン機など、空港での最初の手続きにて顔写真を登録すると、その後の手続き(手荷物預け、保安検査場、搭乗ゲート)において、搭乗券やパスポートを提示することなく顔認証で通過または手続きができるようになる。これにより、スムーズかつ接触機会の少ない搭乗手続きを実現できる。

  • 利用開始日:2021年7月19日(月)
  • 顔写真登録可能場所:
    • 成田空港第2ターミナル:自動チェックイン機、自動手荷物預け機、保安検査場入口ゲートのうちいずれか
    • 羽田空港第3ターミナル:Face Express登録専用機

成田空港での顔写真登録のイメージ

顔認証で搭乗ゲートを通過するイメージ

タイトルとURLをコピーしました