ハワイアン航空が予約変更手数料を廃止

courtesy Hawaiian Airlines

ハワイアン航空は、ほとんどの国内線と国際線の変更手数料を廃止を発表した。

変更手数料を廃止するのは、メインキャビン、エクストラコンフォートまたはファースト/プレミアムキャビンクラスの座席を予約について。メインキャビンベーシック(航空会社の最低運賃)の予約は、年末までに購入したチケットの日程変更はできる。

新しいポリシーは、ハワイとメインランドおよび隣島線と国際線に適用される。

これまでハワイアン航空は、隣島線のフライトの変更料として30ドル、メインランドは200ドル、国際線では100〜300ドルを課してきたとのこと。

今回の措置は、ユナイテッド、デルタおよびアメリカン航空などに追従したとのことらしい。

Hawaiian Airlines joins other U.S. carriers in eliminating reservation change fees - Pacific Business News
The airline announced Thursday that it would eliminate reservation change fees permanently for passengers who have booked Main Cabin, Extra Comfort or First/Pre...
ハワイアン航空がマスクの着用を義務付け
ハワイアン航空は8月17日より2歳以上のすべての旅行者に空港および機内のでのマスクの着用を義務付けるとした。 その中で、メッシュやシアー(SHEER)素材で作られたマスク、エアバルブ付きのマスクなどは認められないとのこと。 ...
タイトルとURLをコピーしました