ハワイアンとユナイテッドが8月から増便へ

courtesy Hawaiian Airlines

ハワイアン航空は8月1日(土)から、新型コロナウイルスの影響で一時的に運休などを行っていた米本土の各都市とハワイを結ぶ定期便を順次復便させると発表した。

これは、ハワイ州外からの訪問者が事前検査で14日間の自己隔離を免除されるプログラムが8月1日から導入されることを受けたもの。

ハワイアン航空は、現在ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコを結ぶ定期便を1日1便ずつ運行している。8月1日から、ホノルルとボストン、ニューヨーク、ラスベガス、フェニックス、サンノゼ、オークランドの6都市を結ぶ定期便を復便させる。隣島と米西海岸の都市を結ぶ一部の定期便も復活させるとのこと。

また、ユナイテッド航空も8月から25,000便の米国内及び国際便を復活させるとのこと。その中には、デンバー国際空港とホノルル、マウイ、コナそしてリフエへの便も含まれる。

ハワイへの渡航の道が少しずつ動き出したけど、PCR検査の陰性証明書はハワイ州が指定した検査機関によるものらしいので、日本からの渡ハはまだ先になりそう。日本でも出入国制限の緩和に向け、空港などにPCRセンター設置が設置される。

Hawaiian Airlines to resume flights to most of its mainland gateway cities starting Aug. 1
Hawaiian Airlines suspended most of its flights in late March due to the pandemic and Hawaii’s mandatory quarantine for all trans-Pacific travelers.
https://www.bizjournals.com/pacific/news/2020/07/02/united-airlines-adding-flights-august-hawaii.html
お探しのページが見つかりませんでした。| 東京新聞 TOKYO Web
東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏・関東地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します。
タイトルとURLをコピーしました