デルタ航空が12月2日に羽田―ホノルル便を新規就航

デルタ航空が2022年12月2日から、羽田―ホノルル便を新規就航する。2020年3月に成田空港からの運航拠点を移した後、新型コロナウイルスの影響を受け就航が延期されていた。

使用機材は、ボーイング767-300ER型機で、デルタ・ワン25席、デルタ・プレミアムセレクト18席、デルタ・コンフォートプラス21席、メインキャビン151席を搭載している。運行は毎日1往復便となる。

羽田(HND)-ホノルル(HNL)便の運航スケジュール(2022/12/1~2023/3/24)

便名出発到着運航日機材
DL180羽田9:00 p.m.ホノルル 9:00 a.m. (同日)毎日B767-300ER
DL181ホノルル 1:30 p.m.羽田6:00 p.m. (翌日)毎日B767-300ER

デルタ航空は、今年7月29日、羽田空港に米国外で唯一の自社ラウンジ「デルタスカイクラブ」をオープンした。季節のカクテルやワイン、日本酒が無料楽しめるフルサービスのバーや、シェフが目の前で調理するヌードルバー、レストラン並みの厨房で調理された和洋食が並ぶビュッフェを提供している。

デルタ航空、羽田空港に海外初の「デルタスカイクラブ」をオープン
デルタ航空が羽田空港第3旅客ターミナルに「デルタスカイクラブ」をオープンしました。羽田空港では、唯一の米国航空会社のラウンジとなり、そして米国以外の空港で唯一のスカイクラブとなります。羽田空港の「デルタスカイクラブ」は、第3ターミナルの5階
タイトルとURLをコピーしました