ホノルル・レールはアラモアナ・センターに届かず?!

courtesy: HART

ホノルル市長は、現在建設中のホノルル・レール(ホノルル高架鉄道)の終着点を当初の計画より短縮し、今年末の鉄道の一部開通を目指すことを発表した。

当初の計画では、鉄道の終着点をアラ・モアナセンターとしていたが、1.25マイル距離を短くしたHalekauwilaとSouth Streetの間になる予定と発表。これは、21駅という当初の計画には2駅足りないことになり、当初の終着駅であるアラモアナセンターから1.4マイル離れている。

市長は、タイムリーに完成させるためには、当初の計画を修正する必要があったと述べているとのこと。カポレイからアロハスタジアムまでの部分は2022年末に、シビックセンターまでは7年後に開通する可能性があるとしている。

これはタイムリー?

New rail plans to no longer reach Ala Moana Center
Honolulu Mayor Rick Blangiardi said the city is switching gears on plans for the Honolulu rail transit system.
線路の欠陥でホノルル・レール(ホノルル高架鉄道)の区間開通に支障が
プロジェクトの遅れが続いているホノルル・レール(ホノルル高架鉄道)は昨年、オアフ島西部のカポレイ地区からアロハスタジアム間の一部開通を今年4月以降としていたが、同区域内でいくつかの線路の分岐点で列車の車輪が適切に走行しない欠陥が見つ...
ホノルル・レール(ホノルル高架鉄道)の開通が来年4月以降に延期
10月20日までに一部区間が開通するとされていたホノルル・レール(ホノルル高架鉄道)が送れるとの発表があった。 HART (Honolulu Authority for Rapid Transportation)は今年1月、1...
タイトルとURLをコピーしました