ハワイの伝説のポリスオフィサーが81歳で死去

 

銃撃戦から生還した元ホノルル市警のスタン・クック(Stan Cook)氏が月曜日に81歳で死去した。

スタンは1994年8月31日、オアフ島のワイパフの路上で車を停車させ職務質問をした覚せい剤を常用する男と銃撃戦になり、AK-47で8発の銃弾を浴びたものの生還した。さらに驚くことにわずか4ヵ月後には仕事に復帰したことから、伝説の警察官として当時全米で注目を集めた。

その後クックは、日常的な路上停止の職務質問が急転していかに致命的になるか、職務の意識をたかめるために再現ビデオの制作にも協力している。

再現ビデオ

ハワイの伝説のポリスオフィサー スタン・クック、RIP。

https://www.kitv.com/news/local/retired-hpd-officer-passes-away-is-remembered-for-bravery/article_06955272-7ee2-11ec-b333-af418a9db8fe.html
ワイキキでもあったライフル狙撃事件
Hawaii News Now - KGMB and KHNL ラスベガスで起きたホテルからの銃乱射事件は衝撃だったけど、僕たちが通うハワイ、ワイキキでも、その昔ライフルによる狙撃事件があったこと思い出す。 1979年、観光客で...
タイトルとURLをコピーしました