キラウエア噴火の最新映像

USGS Hawaiian Volcano Observatory

2021年9月29日に再噴火が始まったキラウエア火山の最新映像がUSGS Hawaiian Volcano Observatoryのサイトで公開されていた。

同サイトによれば、

キラウエア火山の噴火は、2021年10月11日の朝の時点で、ハレマウマウ火口の西壁にある1つの噴火口から溶岩が噴出し続けている。

溶岩湖の西端は、10月10日の測定で海抜約781メートル最大標高を示した。これは、過去1日で1メートル増加し、9月29日に溶岩が出現してから38メートルの上昇となった。

噴火が始まってからの総噴出量は、10月8日時点で約1590万立方メートルと推定された。西側の噴出の高さは現在約4メートルで、前日の約15メートルから減少した。

出典:USGS Hawaiian Volcano Observatory

となっている。

Hawaii News NowのTwitterに投稿された動画も張り付けておきます。

Kīlauea - Volcano Updates | U.S. Geological Survey
The USGS Hawaiian Volcano Observatory issues Volcano Updates for Kīlauea as activity warrants.
Photo and Video Chronology – Kīlauea – October 11, 2021 | U.S. Geological Survey
A new eruption at Kīlauea's summit began at approximately 3:20 p.m. HST on September 29, 2021. Lava activity is currently confined within Halema'uma'u crater. G...
キラウエア火山が噴火
USGSハワイ火山観測所(USGS Hawaiian Volcano Observatory)は、ハワイ島キラウエア火山の新たな噴火活動が確認されたことを発表した。 噴火は、2021年9月29日午後3時20分頃、キラウエア山の...
キラウエア火山の噴火が残したもの
リンク先記事の抜粋です。 ハワイ島で昨年5月から約3ヵ月続いたキラウエア火山の噴火は、ローワープナを横断しおよそ10億立方ヤードの溶融岩を押しのけ、カポポの海へ侵入し、約250エーカーの溶岩デルタが湾を埋めました。 この...
タイトルとURLをコピーしました