ついにレフア島のネズミ駆除に成功!

COURTESY DLNR

何十年にもわたる努力の末、カウアイ島の西海岸沖、ニイハウ島の北に位置するレフア島(Lehua Island)から生態系に影響をあたえるネズミを駆除したことに成功したとハワイ天然資源局(Department of Land and Natural Resources)が宣言したとのこと。

レフア島は、ハワイ諸島で最も多様な海鳥のコロニーの1つで、絶滅の危機に瀕している少なくとも17種の海鳥がレフア島に生息している。最近、絶滅危惧種のハワイマンクスミズナギドリが島に巣を作ろうとしているのが発見さたが、ネズミに捕食され失敗したらしい。ネズミを駆除することで、夏の営巣の最盛期には、いつでも数十万羽の鳥がレフア島に生息する可能性があり、冬には、アカアシカツオドリとコアホウドリが島の優勢な鳥になりえるとのこと。

また、最近の研究によると、海鳥のコロニーが繁殖しているネズミのいない島は、より健全な沿岸の海洋システムを持ち、海鳥の糞からの有益な栄養素の流入は、サンゴ、魚、および周囲の海域のマンタなどの健康、活力、多様性を高める可能性があるとのこと。

尚、当局はすでにレフア島のウサギの駆除にも成功している。

Lehua Island rat free after decade-long eradication effort
Rabbits were eradicated from the State sanctuary in 2006
04/21/21-SUCCESS! LEHUA ISLAND IS RAT FREE
(LĪHUʻE) – Just in time for Earth Day 2021, Lehua Island, the tiny, but mighty island off Kaua‘i’s west shore has been declared free of damaging, introduced (in...
タイトルとURLをコピーしました