Google「災害情報サービス」をバージョンアップ!

Googleの新しい災害対応の取組みについて
Googleの新しい災害対応の取組みについて

まもなく東日本大震災から1年になろうとするところ、Googleが新しい災害対応の取組みについて発表した。

以下抜粋。

  • Google パーソンファインダー
    NTT ドコモ提供の「災害用伝言板」、及び KDDI・沖縄セルラー提供の「災害用伝言板サービス」から新たに利用可能になる。これにより、携帯電話からのパーソンファインダーへのアクセスがしやすくなる他、従来通り、パーソンファインダーで、家族や友人の携帯電話の番号を検索すると、各携帯キャリアが提供する災害用伝言板サービスに直接アクセスできる。
  • Google 災害時ライフラインマップ
    新たに「Google 災害時ライフラインマップ」として、ライフライン、インフラの情報を集約。
  • 災害情報まとめサイトの常設
    Google が提供する各種、災害関連情報サービスやツールをまとめたサイトを常設。
  • クライシスレスポンス 活動記録の公開
    東日本大震災において、情報サービスには何ができ、何ができなかったのか? Google 外部の視点から記録と検証、そして将来への提言を行うことを目的に、Google クライシスレスポンスの活動記録を「東日本大震災と情報、インターネット、Google」サイトを公開。毎週金曜日に1本ずつ連載形式で記事を公開。

Google パーソンファインダーは、3月11日(日)に1日だけ試験的に稼働するので使い方とか慣れておくといいかも。 

 

タイトルとURLをコピーしました