新ハワイ州税 – 無料宿泊に1泊10ドルの州税がかかる件

「ハワイのデラックスホテル○泊無料宿泊プレゼント!」みたいなキャンペーンがよくあるけど、今年の7月1日からこの無料宿泊に一泊に付き10ドルのハワイ州税がかかることになった。(予約したのが7月1日以前でも、宿泊が7月1日以降なら適用。)

今回の渡ハで、独立記念日にあわせて7月2日から4日までハイアット・リージェンシー・ワイキキに3泊して花火を見た!実はこれが無料宿泊だったんだ。ユナイテッド航空のニューイヤーキャンペーン中にハワイ行きのチケットを買ったら一等賞が当り、ゲットしたもの(ラッキー!)。

そして、チェックアウトのときの請求書がこれ。

HI Complimentary Room Tax $10 ってのが3泊分、合計30ドルが請求されてた。

ハイアットの請求書

ハイアットの請求書

実はこの新しい州税のことは全く知らなかったんだけど、ホテルのフロント担当も最初 ”?”って感じで、奥に行ってマネジャーに確認し7月1日から無料宿泊の場合1泊$10の州税がかかることになったとの説明を受けた。

まぁ、花火も特等席で見れたしラグジュアリーなお泊まりもできたので、税金ということで1泊$10ならイイんじゃない、ってことでお支払いしました。

と、いうことで何かのキャンペーンでハワイの無料宿泊が当たったラッキーな人は、この州税については心に留めておいてください。

それから、よくホテルやコンドの料金で○泊目無料っていうのがあるけど、これってこの$10税該当するのかなぁ?その他にもタイムシェアのポイントで無料宿泊できるやつとかも。まもなく渡ハで、心当たりのある人は確認しておいたほうがいいかもネ。

今のところ知る限りでは、この州税は無料宿泊にのみ適用で、無料航空券や無料オプショナルツアーなんかにはかからないようだ。

記事がよかったらポチっと!
みんなに読んでもらいたい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

ハワイランキング
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする