ハワイが全米で最も物価が高い州として選定される

World Population Review

World Population Reviewの最新の研究で、全米で生活費が最も高い州と最も低い州がランク付けされました。

その場所で生活するための生活費、つまり、食費、住居費、医療費、税金などの基本的な費用で、一定の生活水準を維持するために必要な金額で比較をしたとのこと。

その結果、ハワイは、アメリカで最も生活費がかかる州としてランク付けされた。ハワイの一戸建ての平均価格は100万ドルをはるかに超え、毎月の平均エネルギー代は388.65ドルとのこと。都市部のホノルルでは、家賃の中央値が2番目に高い。食料、衣料、その他の生活用品は太平洋を渡って島に運ばれるため、シンプルな生活を維持するためのコストは本土の州より高くなる。

全米で最も物価の高い州トップ10はこちら。

  1. Hawaii
  2. Washington
  3. California
  4. Oregon
  5. New York
  6. Massachusetts
  7. Maryland
  8. Alaska
  9. Connecticut
  10. Rhode Island

ちなみに、全米でもっとも物価が低い州は、ミシシッピー州とのこと。

Most Expensive States To Live in 2022
タイトルとURLをコピーしました