赤信号無視取り締まりカメラの試験導入

ハワイ州運輸局は、赤信号を無視するドライバーを取り締まるために2年間の試験運用として、オアフ島の10カ所に赤信号安全カメラ(red light safety cameras.)を設置し、道路の安全性を高めるためることを検討しているとのこと。

信号に設置されたカメラは、信号が赤になった後に交差点に進入した車両の後部ナンバープレートを撮影し、後日その車両の登録所有者に警告書が郵送されることになる。

設置が検討されている10ヶ所の交差点の候補は以下の通り。

  • Likelike Highway and School Street
  • Vineyard Boulevard and Palama Street
  • Vineyard Boulevard and Liliha Street
  • King Street and River Street
  • North King Street and Beretania Street
  • Pali Highway and Vineyard Boulevard
  • Pali Highway and School Street
  • King Street and Ward Avenue
  • Kapiolani Boulevard and Kamakee Street
  • Beretania Street and Piikoi Street

代替として、King Street and Middle Street, King Street and Kohou Street, Vineyard Boulevard and Nuuanu Avenue, そして McCully Street and Algaroba Streetも検討されているらしい。

この新しいシステムのポイントは、違反切符はドライバーではなく車の所有者に発行されるというところ。これって、もし車が盗難され犯人が赤信号無視をしたばあい、盗難被害にあった所有者が切符を切られてしまうことがあるね。

Red light cameras are coming to Oahu. Here are the intersections that might soon have them
The cameras will be installed at 10 intersections to catch drivers who run through red lights.
Red-Light Safety Program
Summary Red-light running is a significant cause of crashes, deaths, and injuries at signalized intersections. Statewide, between 2015 and 2020 there have been ...
タイトルとURLをコピーしました