ハワイは全米で平均寿命が最長寿の州

USA Todayの2月10日付オンライン記事によると、米国疾病対策予防センター(Centers for Disease Control)の国立保健統計センター(Prevention’s National Center for Health Statistics)が発表した報告書で、全米で住民の平均寿命が最も高いのはハワイ州で80.9歳、最も低いのはミシシッピで74.4歳であることが明らかになったとのこと。

同報告書によれば、これは2019年の年齢別死亡率のデータを用いて全50州とコロンビア特別区の平均寿命を分析したもので全米の平均寿命は78.8歳だったとのこと。ほとんどの場合、女性がその州の男性よりも長命との結果をえた。

長短寿命のランキングは以下の通り

長命な平均寿命の順位

  1. ハワイ 80.9歳
  2. カリフォルニア州:80.9歳
  3. ニューヨーク:80.7歳
  4. ミネソタ州 80.4年
  5. マサチューセッツ州 80.4年
  6. コネチカット 80.3年
  7. ニュージャージー州 80.1年
  8. ワシントン州 80年
  9. コロラド州:80年
  10. バーモント州:79.8歳

短命な平均寿命の順位

  1. ミシシッピ州 74.4歳
  2. ウェストバージニア州 74.5歳
  3. アラバマ州:75.2歳
  4. ケンタッキー州:75.5年
  5. テネシー州 75.6年
  6. アーカンソー州:75.7年
  7. オクラホマ州:75.7年
  8. ルイジアナ州:75.7年
  9. サウスカロライナ州:76.8年
  10. オハイオ州:76.9年
Hawaii has the highest life expectancy, Mississippi has the lowest. Where does your state rank?
In a new report released by the CDC's National Center for Health Statistics, Hawaii has the highest life expectancy and Mississippi has the worst.
タイトルとURLをコピーしました