キラウエア火山の溶岩湖が上昇を継続

USGS Hawaiian Volcano Observatory, Jo Schmith

2021年9月29日に再噴火が始まったキラウエア火山は現在、USGS Hawaiian Volcano Observatoryのサイトによれば、

2021年10月19日時点で、9月29日に山頂の噴火が始まって以来、42億ガロンの溶岩(1590万立方メートル)が溶岩湖を埋めたと推定している。溶岩湖は、9月29日に溶岩が出現してから、火口を約46メートルまで上昇している。

出典:USGS Hawaiian Volcano Observatory

10月10日の時点で上昇は38メートルだったので、1日で約1メートル上昇していることになる。

Hawaiʻi Volcanoes National Park, J.Wei

この幻想的な火口の夜景を早く実見したい!

Kīlauea - Volcano Updates
キラウエア噴火の最新映像
2021年9月29日に再噴火が始まったキラウエア火山の最新映像がUSGS Hawaiian Volcano Observatoryのサイトで公開されていた。 同サイトによれば、 キラウエア火山の噴火は、2021年10月11日...
タイトルとURLをコピーしました