JALPAK Hawaiiがコロナ感染症検査のオプショナルプランを開始

セーフアクセスオアフに対応、ワイキキで検査。日本語で対応、最短20分

ハワイJALPAK International Hawaiiが、検査プラン「セーフアクセスオアフ」プログラム対応抗原検査のオプショナルプランを開始した。

オアフ島では2021年11月11日まで、フードコートを含むレストランや、美術館、博物館など、多くの屋内外施設を利用する際に、顔写真付き身分証明書(パスポートなど)の提示と共に、ワクチン接種証明書もしくは、FDA(アメリカ食品医薬品局)より承認されている新型コロナウィルス感染症検査の陰性証明書の提示が必要となる。(15分以内の滞在を除く。)

日本の各自治体で発行されるワクチン接種証明書はハワイ州の承認を受けているが自治体によって書式が異なるため、入店・入館できない可能性があるとのことで、またワクチン未接種の場合や、アストラゼネカ製ワクチンについてはFDAより正式なワクチンとして承認されていないため、陰性証明書が必要となる。

このプランは、利便性の高いワイキキ内に検査場があり、最短20分でアメリカの検査証明書の発行が可能。また、日本語のわかるスタッフが常駐していているとのこと。発行された検査証明書の期限は48時間以内となるため、長期滞在の方に向けて、複数回の検査がセットになったプランもある。

イメージ

イメージ

【セーフアクセスオアフプログラム対応抗原検査】※時間はいずれも現地時間

タイトルとURLをコピーしました