ハワイ観光復活の兆しと新な心配ごと

過去2週間、ハワイでは訪問者が大幅に増加しているらしい。

20日土曜日、Hawaii Safe Travelsは、28,424人の旅行者のスクリーニングを実施した。これはパンデミックが始まって以来最も多い数とのこと。そして、3月15日から21日日曜日まで、16日を除き毎日2万人を超えるスクリーニングが確認されている。

春休みのメインランドからの旅行者が拍車をかけていて、ワイキキのビーチは以前のように混雑しているらしい。

一方で、メインランドからの観光客の中ではマスクを着用していない人を良く見かけるとのこと。これは屋外でのマスクの着用を推奨または義務付けていない州があるため、レストランやホテルなど屋内にいるときはマスクを着用するものの、屋外では必要ないと思っているため。ハワイでは屋外でもマスクの着用が義務付けられている。

観光業が上向きかけているものの感染が増加することに心配する声があがることで、観光復活に影響がでることが関係者の間では懸念されている。

Hawaii tourism gains momentum
Despite doldrums in January and February, Hawaii’s visitor industry has rounded the corner and taken off.
Amid a boom in visitors, Waikiki also sees an increase in people not wearing masks
Many visitors don’t realize there is a mask mandate in Hawaii, saying wearing masks outdoors is not a requirement in their home states.
タイトルとURLをコピーしました