「小豆島・とのしょうフラフェスティバル」プロモーション動画をYouTubeにて公開

「小豆島・とのしょうフラフェスティバル」に向けた「土庄町×フラ」の実施検証を開催

小豆島とのしょう観光協会は、2021年に開催予定の「小豆島・とのしょうフラフェスティバル」に向けて香川県の小豆島土庄町(しょうどしまとのしょうちょう)にて、プレイベントとして「フラであつまれ!瀬戸内海に浮かぶ小豆島・とのしょうプロモーション撮影」を2020年11月28日(土)~29日(日)にてコロナ禍における安全性を検証していきながら実施をし、晴天の中、無事プロモーション撮影が終了。

旧戸形小学校

実施内容

今回のイベントでは、前述の通りニューノーマルな時代に合わせた、ソーシャルディスタンスを守った屋外での複数特設会場を使用しプロモーション撮影や、オンライン配信、SNSでの発信に力を入れながら、次年度のイベント開催へ向け安全性の検証を兼ねて実施。

小豆島選りすぐりの観光スポットで踊る“フォトジェニックフラ”

宝生院のシンパク

 

土淵海峡

小豆島土庄町に点在するフォトジェニック観光スポットから選りすぐりの8か所に9つのフラのパフォーマンスのステージを設置し、撮影。撮影の合間には参加者も周遊バスに乗り、各スポットを回りながら、「見て」楽しむ観光のみならず、観光と自己表現を組み合わせた「体験」を実現。

~ハワイアンカルチャーが学べるワークショップも開催~

オリーブリースを制作する様子

11月28日には、フラの文化をより深めていただくためのワークショップを実施。フラの演奏には欠かせない楽器「イリイリ」を小豆島石で作りご紹介、宝生院様のご協力による小豆島のオリーブの木を用いたオリジナル腕輪念珠制作、フラの象徴でもある装飾品「レイポオ」をイメージしたオリーブリースを制作するワークショップなどが行われ、多くの参加者が楽しく安全にハワイアンカルチャーと土庄の文化について触れた。

12月16日(水)よりYouTubeにてダイジェスト版動画を公開!

【宝生院本堂編】フラであつまれ!瀬戸内に浮かぶ小豆島・とのしょう

今回、開催された「フラであつまれ!瀬戸内海に浮かぶ小豆島・とのしょうプロモーション撮影」イベントで撮影された動画の公開が決定。12月16日(水)より順次動画を公開。詳しくは、以下の公式サイトで。

フラであつまれ!瀬戸内に浮かぶ小豆島・とのしょう ~プロモーション撮影~
2010年に始まった瀬戸内国際芸術祭の開催は、小豆島・土庄町の知名度を大きく向上させ、アートの島として広がり、観光客の注目を集めました。 2021年度より、世界でも人気を博し、かつ老若男女を問わないフラ・イベントが開催決定。土庄町の新たな魅力をお届けしていきます。

2021年に開催予定の「小豆島・とのしょうフラフェスティバル」の詳細につきましては、2021年1月中旬よりオフィシャルホームページにて発表いたします。

団体概要

会社名:一般社団法人小豆島とのしょう観光協会
所在地:香川県小豆郡土庄町甲5165-201
TEL :0879-62-2009

本事業は観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で実施しています。

「あたらしいツーリズム」とは

新型コロナウイルス感染症の影響により、従来の生活様式からの変化が急速に進んでいます。 これからは、国内外の観光客が安心して観光を楽しむことができるよう、新たな安全・安心な旅のスタイルを普及・定着させることが重要です。
観光庁では、地方公共団体や観光地域づくり法人(DMO)など地域の関係者が一丸となって、自然、歴史・文化、食などの観光資源を、感染拡大予防ガイドラインの遵守や新しい生活様式の実践を徹底しながら、より安心で、誘客力の高いものに磨き上げる取組に対して、支援を実施しています。
これらの支援を通じて、「旅行需要の回復」や「地域経済の活性化」などを進めて参ります。

公式HP:https://newnormaltourism.jp/

タイトルとURLをコピーしました