ワイキキ・ラフウォーター・スイムが本当にラフだった50回記念大会で350人が救助

Courtesy Waikiki Roughwater Swim Committee

Courtesy Waikiki Roughwater Swim Committee

毎年レイバー・デーの週末に開催されるワイキキ・ラフウォーター・スイム。

このレースは、カイマナビーチ (ニュー・オータニ・ホテル前ビーチ) を午前8時30分にスタートし、デューク・カハナモクビーチ (ヒルトン・レインボー・タワー前ビーチ) をゴールとする全長2.4マイル(約3.8キロ)のスイミングレースだ。

Courtesy Waikiki Roughwater Swim Committee

Courtesy Waikiki Roughwater Swim Committee

美しいワイキキビーチ沖を泳ぐこのコースは高い波と強い潮流により難しいコースとなることがあり、出場者は自分の責任で体力と体調を整えて参加する必要がある。

そして50回を迎える今年の記念のレースは、荒れに荒れたらしい。

レースコース沖合の潮の流れと海流のうねりが非常に強く、いくら泳いでもほとんど前進することができなかったらしい。その結果、なんと約350人のレース参加者が救助されることになったとのこと。

まじかーーー!

救助は、ヘリコプターで上空から救助者の位置を確認して、ジェットスキーやボート、カヌーなどで拾い上げたとのこと。

結果、一人の遭難者やけが人もでなかったらしい。

すばらしー。GJ hand_09.gif

尚、リンク先の記事映像では、完泳してゴールしている人も見れるので、こんな荒れた海を泳ぎ切ったのも、すばらしーーー!

本当にラフだった50回記念大会、みなさんお疲れ様でした。

Multiple agencies, including the Honolulu Fire Department, responded around 9:45 a.m. to assist with the rescues.
記事がよかったらポチっと!
みんなに読んでもらいたい
にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

ハワイランキング
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする