キラウエア火山の噴火が残したもの

COURTESY U.S. GEOLOGICAL SURVEY

COURTESY U.S. GEOLOGICAL SURVEY

リンク先記事の抜粋です。

ハワイ島で昨年5月から約3ヵ月続いたキラウエア火山の噴火は、ローワープナを横断しおよそ10億立方ヤードの溶融岩を押しのけ、カポポの海へ侵入し、約250エーカーの溶岩デルタが湾を埋めました。

この地域の溶岩の深さは180~919フィートとのことです。これにより、ハワイ火山天文台は島に暫定地図に約875エーカーの新しい土地を追加したそうです。尚、追加のデータが収集された後に最終的な地図が発表されるとのこと。

COURTESY U.S. GEOLOGICAL SURVEY

COURTESY U.S. GEOLOGICAL SURVEY

溶岩の堆積で最も厚い部分は、Puna Geothermal Venture発電所の南東にある第22亀裂で、噴火活動の後期の段階では小さな爆発で燃えがら噴出口の上に対称的に体積して、円錐形を形成したそうです。その厚さは180フィート(約55メートル)と推定されています。

5月3日から8月4日にかけての大規模なLower Punaの噴火は716戸の家屋を破壊し、2,000人の住民を避難させ、30マイルの道路を覆い、1,600エーカーの農地を隔離し、8億ドル以上の被害をもたらしました。

Kilauea flow created thick new land, Hawaiian Volcano Observatory says
Kilauea Volcano’s three-month eruption last summer pushed roughly 1 billion cubic yards of molten rock across the Lower Puna landscape and left lava more than 9...
キラウエア火山、本当にもうすぐ噴火しちゃうのだろうか?
先日ハワイ島のキラウエア火山の活動が激しくなっていること、ブログでアップしたけど。さらに予兆の続編。 ハワイ島のPuna地区では、現在何百回もの小さな地震が発生していて、キラウエア火山の噴火の可能性を懸念している。ハワイ火山天...
キラウエア火山山頂の地震と崩壊が継続
キラウエア火山の噴火によりハワイ火山国立公園が閉鎖になってから80日を越えたらしい。 今回のような長期の噴火は、過去200年以上にわたってないとのことで今後いつ噴火が沈静化するかも見通しがたたないとのこと。キラウエア火山山頂で...
キラウエア火山の噴火活動が激的に弱まる
リンク先のHawaii News NowのMileka LincolnのFacebookの投稿によれば、8月4日の朝から、キラウエア火山の頂上とその下の東リフトゾーンでの火山活動が劇的に弱まり、減少が続いているとのこと。 ...
タイトルとURLをコピーしました